【バイオレゾナンス】クリオブレスレットの概要や特徴

CHRIO(クリオ)はネックレスやブレスレット、ケア用品等、幅広いスポーツアイテムを製造・販売しているブランドで、東京都にある「CSE株式会社」によって設立されました。

ブランドのコンセプトは「挑む者を、ゾーンへ」。

練習からコンディション調整、そして試合という全てのシーンにおいてサポートし、本番でアスリートたちを「超集中状態(ゾーン)」へと導けるような商品作りを目標に挑戦し続けるという意味だと思われます。

卓球、バドミントン、陸上、ウインタースポーツ等、様々な競技のアスリートに人気があるブランドですね。

それではクリオのブレスレットについて簡単に説明してみます。

バイオレゾナンスとクリオ加工

WHAT’S CHRIO

クリオは、すべてのアスリートをベストパフォーマンスへ導くスポーツブランドです。アクセサリー、ケア用品など、スポーツに関するサポートアイテムの販売を行っています。
すべての自社製品には、バイオレゾナンスの考え方を基にした独自技術である「クリオ加工」が施されています。 

CHRIO公式サイト

クリオ公式サイトの説明には、クリオ商品にはバイオレゾナンスの考え方を基にした独自技術「クリオ加工」が施されているとあります。

バイオレゾナンスというのは代替医療として知られた存在であり「バイオ(生体の)+レゾナンス(共鳴)」の事で、生体の共鳴反応という意味。

「物質は分子レベルでみると微妙に振動していてそれぞれ固有の周波数が決まっている、これは人間の体も同じだが不調になると本来の周波数を出さなくなるので、それに対応した周波数を与え本来の周波数に戻し健康な状態に回復させる」というのがバイオレゾナンスの考え方だと思われます。

この考え方については賛否両論あるようですが、現時点は効果の実証は難しいとされているようです。

クリオの独自技術「クリオ加工」が具体的にどのようなものなのかは公式サイトでは説明されておらず「人間の身体がリラックスにより本来あるべき一番良い状態に戻り、身体機能・身体感覚がバランスのとれた状態に向かうためのメカニズムを研究し開発した技術」と抽象的に記載されているだけです。

ただし、以前は「クリオの商品には、リラックスさせる振動(周波数)が焼付加工されているため、身に着けることによって身体に流れる生体電流と共鳴します。そのため、身体に流れる振動(エネルギーや周波数)の流れが良くなり、結果本来身体に備わっている免疫力(自己治癒力)が働き始めます」と説明されていました。

何らかの物質を焼付加工する事で、クリオ商品から人間がリラックスできる振動(周波数)が発せられ、ストレス等によって崩れた周波数を本来の健康な状態に戻して身心を回復するといった感じなのでしょう。

バイオレゾナンスの考え方を取り入れたアクセサリはクリオの他にも存在し、ストレスに対しては43.5Hz、快眠は5.0Hzという感じに周波数を固定して販売しているところもあります。

クリオブレスレットの効果

バイオレゾナンスの効果については上述したように科学的に実証するのは難しいとされているので評価し辛いところがあります。

メーカーの説明で具体的な効果として記載されているのは「柔軟性の向上」。後は「ストレスや身体の違和感が気になる方」「健康維持を心がけている方」「日々の体調管理が重要なアスリートの方々」におすすめと書かれているくらいですね。

日本には薬機法(旧薬事法)という法律があり、人体への効果効能を謳う事ができるのは医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品のみと定められています。

クリオの商品はこれらにあてはまらないのでこのように曖昧な説明になっていると思われます。

薬機法とは?

正式名称は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」。
医薬品や医療機器、医薬部外品、化粧品以外の製品は、人若しくは動物に対して○○に効くや○○が治る等の効果効能を標榜してはいけないという法律。

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律-e-Gov

その他、公式サイトのFAQ(質問と回答)に【アスリートはなぜクリオを使うのですか?】という項があり、「疲労や緊張感の回復力アップ」を理由の一つに挙げているので、公式が認めている効果は「柔軟性の向上」と「疲労や緊張感の回復力アップ」と理解できますね。

クリオブレスレットの種類

クリオ アルファリング ウィズ ブレス

画像:CHRIO公式

現在クリオが販売しているブレスレットはエントリーモデルの「アルファリングブレスレット」、レザー調コードを四つ編みした超軽量の「アルファリング ウィズ ブレス」、クリオの看板ともいえる「インパルスブレスレット」、タングステンやチタンを素材に使い”勝利へ導く石”と呼ばれるヘマタイトを採用した金属ブレスレット「エクシードブレスレット」等があります。

スポーツシーンにはアルファリングやインパルス、日常シーンにはエクシードブレスレットが似合うと思います。

アルファリングブレスレットは2,000円強で買えるのでクリオのブレスレットを試してみたいという人にはおすすめです。最高級のエクシードブレスレットは結構高めの価格設定になっていますがクォリティが非常に高く、採用されているチタンやタングステンは金属アレルギーを起こしにくいバルブメタルの一種なので、汗をかきやすいスポーツシーンでも安心して着けられます。

エクシードブレスレット以外はカラーバリエーションも豊富なので、好みのカラーが見つかると思います。

まとめ

以上がバドミントン選手や卓球選手を中心に根強い人気がある『CHRIO(クリオ)』が製造・販売しているブレスレットの概要や特徴です。

※ネックレスについても別サイトで紹介しています。

【挑む者をゾーンへ】CHRIO(クリオ)ネックレスの概要や特徴
『CHRIO(クリオ)』は東京都中野区にある「CSE株式会社」が設立したスポーツ用ケアアイテムのブランドネーム。ネックレスの他にもブレスレットやローション、サポーター等、幅広い商品を販売しており、卓球や陸上、野球等のアスリート...

ここ数年、健康ネックレスやブレスレットの市場は健康ブームやスポーツブームによって非常に盛況で、次から次に新しいメーカーやブランドが設立されシェア争いが激しくなっています。

このような状況の中、ファイテンやコラントッテ、コランコラン、バンデル、クリオ等の有名メーカーですら危機感を持ち、生き残ろうと必死で新商品をリリースしたり、今までよりも自社の商品をたくさんの人に理解してもらおうと行動しています。

誰でも買いやすい価格帯の商品に力を入れるのか、個性的なデザインの新商品をリリースするのか、大学と共同研究を行ったり様々なデータを示して自社商品の優位性をアピールするのか、様々な方策が考えられますね。

人気ブランドの一角であるクリオがどのような方向に向かっていくのか、今後も注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました